文字サイズ
音声読み上げ

全国高校生介護技術コンテスト

全国福祉高等学校長会主催 全国高校生介護技術コンテスト

全国福祉高等学校長会が主催となって、福祉を学ぶ高校生による介護技術コンテストです。地区大会を勝ち抜いた代表12校が出場し、課題に対して高校生が利用者の方にとってよりよい介護技術を検討し、競技(実演)、説明(アピール)をします。

1.意義

高等学校で福祉を学ぶ生徒が、介護技術を競い合うことにより、高校生の介護技術を高めるとともに、様々な介護場面において、適切かつ安全に支援できる能力を育成します。

2.出場校(1チーム3名以内、競技は2名)

各地区において介護技術コンテストを実施し、地区代表を選考します。 北海道地区 1校 東北地区 1校 関東地区 1校 北信越地区 1校 東海地区 1校 近畿地区 1校 中国地区 1校 四国地区 1校 九州地区 2校 開催県代表校 1校 前年度最優秀賞地区 1校 合計12校

3.実施方法

(1)競技内容 課題に対する介護技術及び説明を競います。 (2)競技時間 課題検討25 分 競技7分 説明2分 (3)課題「A 移動の介護 B 排泄の介護 C 身じたくの介護 D 食事の介護」 のうち、A~DまたはA~Dを組み合わせたものとします。

4.介護技術コンテスト課題(令和元年度 第8回新潟大会)

5.介護技術コンテスト 第8回新潟大会の様子

6.介護技術コンテスト入賞校一覧

年度 大会名 課題 最優秀賞(文部科学大臣賞)
平成23年度 第1回鹿児島大会 佐賀県立嬉野高等学校
平成25年度 第2回愛知大会 佐賀県立嬉野高等学校
平成26年度 第3回宮城大会 愛知県立高浜高等学校
平成27年度 第4回三重大会 佐賀県立嬉野高等学校
平成28年度 第5回石川大会 沖縄県立真和志高等学校
平成29年度 第6回秋田大会 沖縄県立真和志高等学校
平成30年度 第7回山口大会 山口県聖光高等学校
令和元年度 第8回新潟大会 佐賀県立神埼清明高等学校

7.令和2年度 全国介護技術コンテスト(中止)

10月24日(土)に「さんフェアおおいた2020」大会で開催される予定でしたが、新型コロナウイルス感染予防の観点から中止となりました。非常に残念ですが、介護技術コンテストの性質上、どうしても3密が避けられない状況であることや、選手が県をまたぐ移動になることから感染拡大が危惧されるために、開催県である大分県も苦渋の決断をされたのだと拝察いたします。

8.新たな生活様式における介護技術コンテスト

令和2年度における全国各県の高校生介護技術コンテストもほとんど中止となりましたが、ビデオ審査で行う新しい方法を実践された県もありました。

9.介護技術コンテスト部より

今年度の全国福祉校長会介護技術コンテスト部の活動としましては、事務局と相談の上、これまでの8回の介護技術コンテストの課題をデータとして整理することと、運営上の課題を整理・検討する機会とし、来年度からの全国介護技術コンテストが少しでも改善された形で実施できる支援ができたらと考えております。皆さんの地域の介護技術コンテストの参考資料がございましたら、担当校にお寄せいただければ幸いです。

©︎ 全国福祉高等学校長会 All Rights Reserved.