文字サイズ
音声読み上げ

社会福祉・介護福祉検定

全国福祉高等学校長会主催
社会福祉・介護福祉検定とは

全国福祉高等学校長会が主催となって、福祉を学ぶ高校生に対して社会福祉及び介護福祉に関する検定を年1回実施しています。

1.目的

福祉を学ぶ高校生の意識を高め、社会福祉及び介護福祉に関する知識及び技術の向上を図るため、検定を実施します。
このことにより、社会福祉及び介護福祉の増進を図ります。

2.目標

社会福祉及び介護福祉の増進に寄与する創造的な能力と実践的な態度を身につけます。介護福祉援助活動にて、活用するコミュニケーションの能力と態度を身につけます。介護を適切に行う知識と技術を身につけます。

3.資格概要

1級

介護福祉士国家試験を受験する高等学校における3年間の学びを確認するものであり、介護福祉士国家試験と同等の内容(医療的ケアを含む)から五者択一方式で出題する。

2級

「社会福祉基礎」「介護福祉基礎」「生活支援技術」「こころとからだの理解」「コミュニケーション技術」「介護過程」の教科書(実教出版)から三者択一方式で出題する。

3級

「社会福祉基礎」「介護福祉基礎」「生活支援技術」「こころとからだの理解」の教科書(実教出版)から二者択一方式で出題する。

4級

「社会福祉基礎」「介護福祉基礎」の教科書(実教出版)から二者択一方式で出題する。

※なお、「社会福祉基礎」「介護福祉基礎」については令和4年1月発行の教科書

4.検定受験資格

受験者は高等学校において、教科「福祉」及びこれと同等の内容を学ぶ生徒

5.申込期間(令和4年度)

令和4年10月1日~令和4年10月31日【令和4年度は11月18日まで延長】

6.令和4年度の受験状況

1級2級3級4級
受験校数60校95校61校40校
受験者数881人1697人858人589人
合格者数187人793人370人257人
合格率21.2%46.7%43.1%43.6%
©︎ 全国福祉高等学校長会 All Rights Reserved.